「新型コロナウィルス」を発症しない 子供の自己免疫力に学んだ 体温を高め感染を防ぐ 音響免疫療法

田中良基医師は、がん細胞の研究をしていく中で、胎児を38℃に温め 胎児の尿を浄化 水分80%の細胞を育てる羊水の響きで 細胞のがん化を防ぎ、熱に弱いがん細胞を発熱 させ消滅させる 羊水の響きの音響免疫療法は 新型コロナウィルスの発症を防ぐ ことが分かってきました

体温と 自己免疫力の高い 元気な子供は 新型コロナウィルス を 発症しない体質です

新型コロナウィルスに体温と自己免疫力の高い子供は発症しません。音響免疫療法学会は、新型コロナウィルスの感染を防ぐには、体温と自己免疫力が高い子供の体質にすることが大切であることに気づきました。お母さんは、羊水の水の波紋の響きで胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。母親の羊水の響きと電子レンジの電磁波の水の波紋の響きは、同じ仲間です。お母さんは羊水の響きの安全な電子レンジで胎児を育てます。びっくりです。胎児を育てる羊水の身体への響きの音楽療法は、心と身体を幸せにし、免疫力を高め、病を予防する西洋医学の薬を超えた最先端医学だったのです。

身体への響きが 私達の細胞を 育てるのです  びっくりです!!

ドイツの物理天文学者、エルンス  クラドニー(1756年ー1827年)は、響きの波動の周波数により、様々な模様が現れることを発見しました。平面ガラスに、砂をまき、バイオリンの弦の、響きで、ガラスを震わせると、響きの波動の、周波数の音域の違いにより、様々な模様が現れることを発見ました。びっくりです。 響きが人間の心と、細胞を変えるのは当然です。

網構造体をスピーカーの人工音で震わせ

弦の響きで 生演奏の響きに変え身体に響かせる

 

自分の声で聴く 音響免疫療法は自己免疫力を高め 新型コロナウィルスの発症を防ぐ 体質にします

母親の羊水の響きを身体に響かせるため、世界で 初めて中空ストローファイバー網構造体をスピーカー の人工音で激しく震わせ、バイオリンの弦、パイプオ ルガンの共鳴管の響きで生演奏の弦の響きに変え 、自分の声で身体に響かせ、母親の羊水の響きを再 現しました。羊水の響きを研究する過程で、体温を 38℃に温め、自己免疫力を高め、子供の体質にする ことが新型コロナウィルスの発症を防ぐことがわか ってきました。さらに耳だけで聞く空気の伝えるスピ ーカーの人工音を長時間聞くと、心と身体に害にな ることが分かってきました。

音響免疫療法  患者の会 にようこそ・・・・

表面の密度を高めた 柔らかい 血管のような 中空ストローファイバー網構造体を 開発しました スピーカーの  人工音の  激しい響きで 網構造体を バイオリンの弦のように響かせ 「バイオリンの弦 」「パイプオルガンの共鳴管」「光ファイバーの響き」で 急所脊髄の感覚器官(中枢反射神経)に骨導音の響きで  浸透吸音させます  スピーカーの人工音を  生演奏の響きに変え  耳でなく 身体に聴かせる  世界で最も進んだ音響システムです さらに 音響チェアを バイブレーターのように 激しく 振るわせるため  床面に  振動共鳴板を設置 音響チェアで 身体を激しく震わせます   私たちの身体は 体温が低下するとぶるぶると 身体を震わせ発熱させます 音響チェアの  「バイブレーターの激しい響き」と 「網構造体のバイオリンの弦」の激しい 身体への響きは 胎児のように 身体を38℃に発熱させ  心と身体を幸せにし  病を治します 音響チェアの ランバーコアの 板鳴りの 摩擦熱は 地球の地磁気 ゼロ磁場の磁気の「渦」を部屋の中に誕生させます

© 2020 ゼロ磁場音響免疫療法学会  all right Reserved